なかなかカードがつくれない場合

なかなかカードがつくれない場合

クレカを作成する場合、審査がありますがこれをクリアしないとカードを持つことは出来ません。

 

なかなかカードがつくれない場合は、審査基準の甘いカードで申し込みをする必要があるかもしれません。

 

また自分の現状をきちんと理解しておくことも大事です。まず収入があるかどうかは大きなポイントです。

 

最近は主婦や学生でも限度額は低いですが、カードを作成することは可能です。これは親や夫の信用状況によります。

 

特別何もなければ限度額は低いですが作成は可能になってきます。

 

収入は大きなポイントで名の通った企業や医者や弁護士や公務員など、高収入で安定感がある場合は問題なくカードがつくれます。

 

安定した支払い能力があるかどうかをカード会社は知りたいので、とにかく不安定さは大きなデメリットです。

 

また居住に関する項目もポイントになります。同じ地に長く住んでで持ち家で家に関するローンなどがなければ、信用度が高まります。これは連絡が取れなくなる心配が少ないからです。

 

引越しを頻繁にしている人は、いきなり連絡がつかなくなる可能性もあるので評価が低くなってしまいます。

 

同じ家に長く住むことは大きな信用につながります。雇用形態も重要です。

 

クレカによっては、働いていて住むところも頻繁に引越ししていなくてもつくれない場合もあります。

 

この場合は雇用形態に不安があるのかもしれません。すぐ契約が解除されそうなアルバイトや派遣は、大きな信用をつかみにくいです。出来るだけ正社員など安定した雇用形態が望ましいです。

 

またクレカの審査に通らなかった場合、自分の過去にカード使用や消費者金融などで遅延など問題がなかったか確認したほうがいいです。ここで通らなかった場合は、少し間隔を開けてカードの申し込みをしたほうがいいです。

 

信用情報にはカードを作れなかった記録が残っています。作れなかった場合何か問題があると判断されますから、連続で他社のカードに申し込んでもまず作成は不可能です。

 

【おすすめページ】熊本 車庫証明 代行