審査で主に見れるのは3点

審査で主に見れるのは3点

クレカを作る際に絶対に避けて通れないのがクレジット会社による審査です。

 

ここで主に見れるのは3点で、1つ目は収入、2つ目は返済能力の有無、そして3つ目がきちんとした居住地があるか否かです。

 

そんな審査ですが、中には何度申し込んでも落ちてしまう方もいれば、一回で簡単に通る方もいらっしゃいます。では、落ちる理由とは何なのでしょうか。

 

その答えは大きく分けて4つあります。

 

まず第一は、信用調査の基準をクリアしていないということです。

 

クレカ会社が定める基準に達していない場合には落ちてしまいます。過去の支払い状況や現在の収入額、職業など様々な要素を総合的に判断され、信用調査のスコアを付けられます。

 

そのスコアが基準値を下回っていれば、何度申し込んでも落ちてしまいます。第二は、申込書の記入項目の不備です。

 

そもそも「クレジット」という言葉は「信用」を意味しますから、誤字脱字などがあれば申込者は「信用の出来ない人」とみなされて落とされてしまうのです。

 

会社は申込者の返済能力を判断する際、申込書の記入項目の正確性も考慮に入れます。入力必須項目が最後まで正しく入力・記入されていなかったり、住所や電話番号に誤字があれば責任能力の欠如として落ちる原因になるのです。

 

ですから申込書を記入する際には細心の注意を払って記入することが大切です。

 

そうすれば、一度落ちた会社でも2回目には通る可能性も大いにあります。第三は、過去に多重債務していた経歴がある場合です。

 

今現在は完遂している場合でも、多重債務という過去を持つ方は、返済計画という面で信用がおけないと判断されてしまうのです。

 

ですからこのような場合には審査を通るのは難しいかもしれません。最後に第四として、雇用形態が挙げられます。勤続年数が短かったり、安定した職に就いていない場合には、継続的な返済能力がないと判断されてしまうのです。

 

これには大学生やフリーターの方などが当てはまります。以上が落とされてしまう主な理由ですが、クレジット会社の基準は各社によって異なり、とても基準が低い所もあるので、一社がダメだったからと言って、全ての会社でクレカを作れないというわけではありません。

 

【おすすめページ】熊本 建設業許可